冬のむくみは冷えのせい!?手軽にできる冷え対策

冬のむくみ解消に!手軽にできる冷え対策

寒くなるとむくみが気になるという方も多いのではないでしょうか。
体が冷えると血流が悪くなるので、体の水分の循環も悪くなり、むくみやすくなります。
そこで今回はむくみを解消するための冷え対策をご紹介します。

むくみと冷えの関係

通常、体内の水分は血液とともに常に循環し一定のバランスに保たれています。
ところが、血液の循環が悪くなると足から心臓へ血液を戻すポンプ機能が低下し、余分な水分が血液中から漏れ出して、むくみとなってあらわれます。

体が冷えると血液の循環が悪くなりむくみにつながるため、冷えはむくみの大きな要因です

むくみ解消のための冷え対策

冷えからくるむくみを解消するためには、体を温めて血行不良を改善することが大切です。簡単にできる冷え対策をご紹介します。

適度に体を動かす

一日中立ちっぱなしや座りっぱなしでいると、血流が悪くなり冷えやすい体につながります。

適度に体を動かすことで、血行が良くなり冷えの改善に。デスクワークの方も仕事の合間にストレッチをするなど、適度に体を動かすよう心がけましょう。

また、筋肉量が少ないと熱を蓄えておく場所が少ないため体温が下がり、全身が冷えやすい傾向にあります。女性に冷え性の方が多いのはこのためです。

日頃からできるだけ歩いたり、階段を使ったりして筋肉量の減少を防ぎましょう。さらに筋肉量を増やすためには、お尻や太ももなどの大きな筋肉を鍛えるのが効果的。

慢性的な冷えにお悩みの方は、できるところから実践してみてください。

体を温める食べ物を食べる

冷えを改善するためには体の中から温めることが大切です。

冷たい飲み物や水分が多い食材など体を冷やす食べ物をできるだけ避け、体を温める食べ物や温かい飲み物を積極的に摂取するようにしましょう。

寒い土地で育つ食材、土の中で育つ野菜、発酵食品は体を温めると言われています。

寒い土地で育つ食材

かぼちゃ、カリフラワー、ねぎ、ごぼう、にんじん、れんこん、りんご、さくらんぼなど

土の中で育つ野菜

ごぼう、山芋、れんこん、大根、かぶ、にんじん、生姜など

発酵食品

納豆、キムチ、味噌、チーズ、ヨーグルトなど

「3つの首」を温める

「3つの首」といわれる首・手首・足首は太い動脈が皮膚の近くにあるため、これらを温めることで全身を効率的に温められます

マフラーやアームウォーマー、レッグウォーマーなどでしっかり温め、冷えを防ぎましょう。

湯船につかる

湯船につかってしっかり体を温めることで、血行が良くなり、筋肉の緊張もほぐれて深いリラックス効果を得られます。

さらに体が温まることにより血管が拡張し、新陳代謝が高まって、冷えやむくみの改善につながります。

冷えを解消してむくみ・不調知らずへ!

「冷えは万病のもと」といわれるように、体が冷えているとむくみ以外にも肩こりや不眠などさまざまな体の不調を引き起こしやすくなります。

たかが冷えやむくみだと放置せず、早めに対策をして冷えやすい体を改善してくださいね。