目元にしわができる原因とは?おすすめの改善&予防方法

目元にしわができる原因とは?おすすめの改善&予防方法

目尻や目の下などにいつの間にか刻み込まれている「しわ」。
目元にしわがあるとそれだけで老けて見えてしまうので、できるだけ作りたくないものですよね。

そこで今回は目元にしわができる原因と、改善・予防方法をお伝えします。
目元のしわが気になる方や、目元のケアを始めようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

目元にしわができる原因

目元は皮膚がとても薄く、デリケートな部分です。そのため日常の些細なことでもダメージを受けやすく、しわにつながってしまいます

目元のしわにつながるおもな原因を解説していきます。

乾燥

肌の大敵といわれる乾燥。肌が乾燥してうるおいが不足すると、ハリが失われてしわにつながってしまいます

特に皮膚の薄い目元は皮脂が少なく、うるおいも逃げやすいため、念入りに保湿することが大切です。

刺激

肌への刺激は乾燥につながり、ハリの低下やしわの原因にも

皮膚が薄い目元は特に刺激を受けやすいので、なるべく刺激を与えないように注意が必要です。

眼精疲労

パソコンやスマートフォンなどの電子機器を酷使する現代人は、毎日目に大きな負担をかけています。

目が疲れていると目の周りの血行不良を引き起こし、肌の代謝も低下。しわやたるみの原因になってしまいます。

目元のしわを改善&予防する方法

深く刻み込まれてしまったしわを完全になくすことはなかなか困難です。深く刻み込まれる前に適切なケアをして、目立たないうちに対処することが大切です。

保湿

乾燥しやすい目元は特にしっかり保湿をしましょう。

手軽にできる保湿方法は、コットンに化粧水を含ませてまぶたに乗せるローションパック。5分程度置いてしっかり水分を浸透させてください。

目元専用のアイクリームや美容液などのスペシャルケアもおすすめです。

目元をこすらない

刺激に弱い目元はクレンジングなどでこするとダメージにつながります。肌をこすってしまいがちなシートタイプのクレンジングは避け、こすらず落とせるものを選びましょう

また、タオルでゴシゴシ拭いたり、かゆみや疲れ目で目をこするのもNG。普段何気なくやっている行動で目元に刺激を与えていないか注意してください。

紫外線対策

紫外線は肌へのダメージや乾燥につながり、しわやたるみの原因になります。日焼け止めや日傘、サングラスなどで紫外線対策は念入りにしましょう。

目を酷使しすぎない

パソコンやスマートフォンの使いすぎで目を酷使していませんか?

仕事中でもこまめに休憩をはさんだり、ホットタオルで目をあたためて休ませたり、目に疲れがたまらないように工夫してみてください。

目元をマッサージ

血行不良を改善するために目元をマッサージするのもおすすめです。

強くこすると逆効果になるので、できるだけやさしくマッサージしてください。マッサージをするときはクリームやオイルを塗ってすべりやすくしましょう。

目元のマッサージのやり方

1.人差し指と中指を下まぶたのくぼみに当て、指の腹を使って目頭から目尻に向かってやさしく指をすべらせます。

2.人差し指と中指を上まぶたのくぼみに当て、指の腹を使って目頭から目尻に向かってやさしく指をすべらせます。

3.2本の指をチョキの形にして眉の上下に当て、眉頭から眉尻に向かってやさしく指をすべらせます。

目元のしわ対策におすすめのアイテム

目元にハリを与えて-5歳肌!『目元ケア美顔器』

  • 目元にハリとうるおいを与える目元専用美顔器
  • HOTモードで疲れ目もじんわりケア!
  • 美容液とセットでスペシャルケアができる!

 

塗るだけでお肌ふっくら!『コラフェクト3』

  • コラーゲンでできた透明コンシーラー
  • 特殊パウダー配合でシワのミゾを埋める!
  • ハイライト効果でシワをカバー

 

まとめ

今回は目元のしわができる原因と改善・予防方法についてご紹介しました。

いつまでもしわが目立たない若々しい目元でいるためには、日頃からダメージを防ぎ、丁寧にケアすることが大切です。
ぜひ毎日のスキンケアに目元のケアも取り入れ、継続してくださいね。