姿勢が悪いと学力や運動能力が低下!?子どもに正しい姿勢を身につけさせる方法

姿勢が悪いと学力や運動能力が低下!?子どもに正しい姿勢を身につけさせる方法

近年、姿勢の悪い子どもたちが増えていると言われています。

姿勢が悪いと、自信がなさそうに見える、だらしなく見えるといった見た目の影響だけでなく、体や健康にもさまざまな悪影響を及ぼします。

そこで今回は、子どもの姿勢の悪さが及ぼす影響とその原因、対策についてご紹介します。

子どもの姿勢が悪くなる原因

昔のように外で遊ぶ機会が少なくなり、家の中でスマートフォンやゲーム機などで遊ぶ機会が多い現代の子どもたち。

長時間体を動かさず、同じ姿勢でじっと座っていると、無意識のうちに体の一部に負担が集中し、骨格のゆがみにつながってしまいます

また、体を動かす機会が減ったことで、筋力が低下し、十分に体を支えられず、姿勢が悪くなってしまうのです。

姿勢の悪さが及ぼす影響

姿勢が悪くなると、肺が圧迫されて呼吸が浅くなり、脳へ運ばれる酸素が減少するため、集中力が低下します。
そうすると、勉強をしていても集中力が続かず、学力の低下にもつながりかねません

また、呼吸が浅いことで全身の血流も悪くなり、体の動きがかたくなり、運動能力の低下にもつながってしまいます

さらに、ゆがんだ姿勢は肩こりや腰痛などさまざまな健康被害を引き起こし、どんどん体に悪影響を及ぼしてしまいます。

子どもの骨は大人よりもやわらかく、姿勢矯正もしやすいです。
悪い姿勢のまま成長して大人になってしまう前に、正しい姿勢を身につけることがとても大切なのです。

正しい姿勢を身につけさせるためには?

常に正しい姿勢を意識させる

ほとんどの子どもは自分の姿勢が悪いことに気づいていません。
周りの大人が意識して、正しい姿勢を習慣化させてあげることが大切です。

しかし、ただ悪い姿勢を逐一注意するばかりでは、子どもの反発心を招いてしまいます。
正しい姿勢ができていたら褒めるなど、子どもが前向きに正しい姿勢を保てるような工夫をしましょう。

また、子どもは大人を見て、大人のまねをして育ちます。周りの大人の姿勢が悪ければそれをまねてしまいます。
周りの大人も子どもと一緒に、常に正しい姿勢を意識してみましょう。

適度な運動やストレッチをする

現代の子どもたちは意識して体を動かさないと、運動不足になりがちです。
適度な運動やストレッチをする機会を意識的に作ってあげましょう。

家の中でゲームをしていても、時間を決めて途中でストレッチをするなど、長時間同じ姿勢のままでいないような工夫が必要です。

整体院や姿勢矯正アイテムを利用する

姿勢の悪い子どもの増加が深刻化している昨今では、子どもの姿勢矯正を専門にした整体院やさまざまな姿勢矯正アイテムも登場しています。
お子様に合わせてこれらを利用するのも良いでしょう。

▼おすすめの姿勢矯正アイテム

 

まとめ

姿勢の悪い子どもが増えてしまったのは、決して子どもたちのせいではありません。
さまざまな社会背景や生活環境の変化が引き起こしてしまった問題です。

大切な子どもたちの将来のために、大人が責任を持って子どもたちの健康を守る必要があります。

まずは、身近なところから子どもたちの姿勢に目を向けてあげてみてください。