8,800円以上で送料無料

欲しい!がみつかる通販サイトのアメプラオンラインショップ

冬こそ汗対策が必須!ニオイが気になる原因と対処法

冬こそ汗対策が必須!ニオイが気になる原因と対処法

冬は夏よりも汗をかかないはずなのに、嫌なニオイが気になることはありませんか?

実は冬の汗は夏よりもにおいやすいといわれています。汗をかきにくいからといってニオイ対策を怠るのはNG。冬こそより丁寧なケアが必要です。

そこでこの記事では、冬の汗がにおう原因と冬に最適な汗・ニオイ対策についてご紹介します。

夏より気になる!?冬にかく汗のニオイの原因

夏よりも濃度の濃い汗をかく

夏に比べて汗をかく機会が少ない冬は、汗腺の機能が衰えます。

もともと汗はほとんどが水分でニオイもありません。しかし汗腺の機能が衰えると、水分だけでなく、血液中に含まれるナトリウムなどのミネラルが一緒に排出されます。

余分な成分を含んだ濃度の濃い汗は雑菌が繁殖しやすく、においやすくなってしまうのです。

においやすい脇汗が多くなる

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。


・エクリン腺…おもに体温調節のために出す汗を作る汗腺。全身にある。汗は無色無臭。

・アポクリン腺…緊張やストレスで出る汗を作る汗腺。わきの下や外耳道など体の一部のみにある。たんぱく質やミネラルなどのにおい成分を含む汗が出る。

夏は全身に汗をかくのに対し、冬はにおいやすいわきの下(アポクリン腺)からの汗が多くなります。そのためニオイが強くなってしまいがちなのです。

汗が蒸発しにくい服装

冬は通気性の悪い素材を重ね着することが多く、汗が蒸発しにくいため、においやすくなります。

また、ニットやコートなど毎回洗濯しない服を着ることも増えるため、濃度の濃い汗が染み付きニオイの原因となってしまいます。

冬に効果的な汗のニオイ対策

制汗剤でニオイを抑える

制汗剤は夏しか使わない方もいるかもしれませんが、冬も使うことをおすすめします。

制汗剤でしっかりケアしておけば、汗やニオイのもとを抑えることができます。朝、着替える前やシャワーの後など、汗をかく前に使いましょう。

衣類に防臭・消臭対策をする

防臭・消臭効果のある洗剤や柔軟剤を使って衣類のニオイ対策をしましょう。洗わないニットやコートには、脱いだあと消臭スプレーをするのも効果的です。

体温調節できる服装

外は寒くても室内はエアコンが効いている場所も多いですよね。

室内でも厚着をしていると汗をかきやすくなってしまいます。1枚であたたかい服装よりも重ね着をして温度調節できる服装がおすすめです。

汗をかく習慣をつくる

汗腺の機能を向上させるために、汗をたくさんかいて汗腺を鍛えることが大切です。

汗をかきにくい冬こそ、入浴やサウナ、有酸素運動などで積極的に汗をかきましょう。

▼汗腺を鍛えるおすすめアイテム

 

 

食生活を見直す

動物性たんぱく質や脂質の多い食事はニオイの原因物質を作り出し、汗がにおう原因となります。

また、ニンニクを食べると、ニオイ成分であるアリシンが体内で血中に取り込まれた後、皮膚から汗とともに排出されます。

肉料理を控え、体臭を抑える野菜や海藻類、大豆製品などを積極的に摂取するのがおすすめです。

汗対策をして冬を快適に過ごそう

冬でも汗対策をしっかりしていれば、満員電車やコートを脱いだあとも安心です。できるところから実践して快適な冬を過ごしてくださいね。