パソコンやスマホで目を酷使しがちな人に!疲れ目の予防&ケア方法

パソコンやスマホで目を酷使しがちな人に!疲れ目の予防&ケア方法

日頃からパソコンやスマートフォンの操作をする時間が長い現代人は、目が疲れやすいと言われています。

加えて、コロナ禍で増えているリモートワークで環境が整備されていない中でのパソコン作業、外出自粛で遠くを見る機会の減少なども影響して、目の不調を訴える人が増えているそうです。

疲れ目が悪化すると、頭痛や肩こり、吐き気、全身倦怠感など身体のさまざまな不調を引き起こすことも。そうなる前に毎日のケアが大切です。

そこで今回は、疲れ目に効果的な予防&セルフケア方法をご紹介します。

疲れ目とは

目の奥が痛い、重い、かすむ、ショボショボするなど目に疲労を感じる症状を「疲れ目」といいます。

これらの症状が重くなると「眼精疲労」と呼ばれ、頭痛や肩こりなど目以外の症状をともなうこともあります。

疲れ目の原因

目の酷使

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けていると、まばたきの回数が減り、目が疲れやすくなります。

また細かい作業で近くを見続けたり、暗いところでスマートフォンの操作をしたりするのも、目に負担がかかるので避けましょう。

合わない眼鏡やコンタクト

眼鏡やコンタクトの度数が合っていないと目に負担がかかり、疲れ目の原因に。

定期的に眼科で検診を受けて自分に合った度数を確認することが大切です。

老眼

老眼で近くのものが見づらくなると、無理に見ようとして目を酷使してしまいます。

老眼が気になり始めた方は、早めに眼科を受診して眼科医に相談してください。

疲れ目の予防&ケア方法

こまめに休憩をとる

パソコンやスマートフォンを長時間操作する場合は、1時間ごとに休憩を入れて適度に目を休ませながら作業しましょう。

目を休ませるにはしばらく目を閉じる、窓の外を眺めて遠くのものを見る、目の周りを軽くマッサージするなどが効果的です。

目をあたためる

蒸しタオルなどで目をあたためると目の周りの血行が良くなり、筋肉のコリがほぐれて、疲れが和らぎます。

作業環境を整える

テレビやパソコンのモニターからは40cm以上距離を保ち、できるだけ近づきすぎないようにしてください。さらに、目線の高さが合うように机やイスなど高さも調節しましょう。

また、暗いところでの作業は目に負担がかかるため、十分な明るさを確保するための照明も大切です。

疲れ目におすすめのアイテム

目元サロン EYE WEAR

 

『目元サロン EYE WEAR』は、自宅で簡単に目元ケアができる目元専用美顔器です。

メガネのようにかけるだけで、低周波EMSが目元の深層筋にアプローチ。
パソコンやスマートフォンの使いすぎで疲れた目を癒やします。

温熱モード搭載で目元をじんわりあたため、目の周りの血行不良を改善します。

まとめ

「たかが疲れ目」とほうっておくと、症状が悪化して心身の不調にもつながりかねません。

現代人はどうしても目を酷使する機会が多いので、適度に休ませてケアすることを意識してみてくださいね。