8,800円以上で送料無料

欲しい!がみつかる通販サイトのアメプラオンラインショップ

くり返す肌荒れの原因と対策。ニキビや乾燥を防ぐ方法とは

くり返す肌荒れの原因と対策。ニキビや乾燥を防ぐ方法とは

毎日スキンケアしていても、くり返すニキビや肌荒れ。最近は、マスクを着用する機会が増えたことで、以前よりも肌荒れしやすくなった方も多いようです。

肌の調子が悪いと、見た目の印象が気になるだけでなく、気分まで下がってしまいますよね。

そこでこの記事では肌荒れの原因と、肌荒れを防ぐ効果的な対策をお伝えします。くり返す肌荒れにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

肌荒れとは

肌荒れとは

健康な肌はキメが整いうるおった状態です。ところが、何らかの原因で肌のキメが乱れ、乾燥やニキビ、かゆみなどの肌トラブルを起こしている状態を「肌荒れ」といいます。

肌荒れのおもな症状

肌荒れの症状は、肌質や年齢、体調、環境など状況によってさまざまです。乾燥や毛穴の開きが気になったり、ニキビや吹き出物ができたり……。赤みやかゆみをともなうこともあります。特定の症状だけではなく複数の症状が同時にあらわれることもあるでしょう。

肌荒れの原因

紫外線

紫外線

肌は紫外線を浴び続けると、刺激から肌を守るために角質層が厚くなります。さらに日焼けによる炎症で肌のキメが乱れ、ざらつきやごわつき、皮めくれなどの肌荒れが引き起こされてしまうのです。

紫外線によるダメージを受けた肌は、バリア機能も低下します。刺激を受けやすくなり、乾燥やトラブルを招きやすくなります。

乾燥

外気の乾燥やエアコンの使用で肌が乾燥すると、肌に必要な水分が失われます。するとカサつきやつっぱり感、かゆみ、粉ふきなどの症状があらわれます。

また、バリア機能が低下して刺激を受けやすくなるため、湿疹や炎症を引き起こすこともあります。

花粉・大気汚染

花粉や大気汚染によるアレルゲンが肌に付着し、肌荒れを引き起こすこともあります。

肌はアレルゲンなどの異物の侵入を感知すると、体を守るために免疫機能が働きます。体質や肌の状態によって免疫機能が過剰に働いてしまうと、かゆみや湿疹などのアレルギー反応が起こるのです。

マスク着用

マスク着用

マスクを着用していると、マスクの中が蒸れて雑菌が繁殖し、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

また、マスクを外した後は肌が乾燥しやすいため、カサつきやごわつきを感じることも。こすれや繊維の刺激が肌のバリア機能を低下させるおそれもあります。

ホルモンバランスの変化

女性は生理周期によってホルモンバランスが変化します。生理前は女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが分泌されます。すると、肌がデリケートになり、皮脂の分泌が増えてニキビや吹き出物ができやすくなるのです。

また、加齢やストレス、睡眠不足などもホルモンバランスの乱れにつながります。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や不規則な生活などの生活習慣は肌の調子に大きく影響します。生活習慣が乱れると、肌のターンオーバーも乱れ、健やかな肌が育ちにくくなります。

偏った食生活や食べすぎ、無理なダイエットなども肌荒れの原因です。

ストレス

ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れ、免疫機能の低下につながります。肌のターンオーバーも乱れやすくなり、肌荒れを引き起こすことがあります。

ストレスは睡眠不足や暴飲暴食などの生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れにもつながるため、ストレスをため込まないように注意が必要です。

間違ったスキンケア

一日に何度も洗顔したり、クリームや美容液を何種類も重ね塗りしたり、良かれと思ってしているケアが、かえって肌に負担をかけていることも。間違ったスキンケアを続けると乾燥やニキビ、吹き出物など肌荒れにつながります。

美肌を保つための肌荒れ対策

紫外線対策を欠かさない

紫外線対策を欠かさない

紫外線は一年中降り注いでいます。夏だけでなく年間を通してしっかり紫外線対策をすることが大切です。

日中出かけるときは必ず日焼け止めを塗り、汗をかいたらこまめに塗り直しましょう。肌荒れしているときは低刺激タイプの日焼け止めを選ぶと、肌への負担を減らすことができます。

栄養バランスのよい食事をとる

美肌を保つためには、ファーストフードやスナック菓子など油分が多い食品はできるだけ避け、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。肌細胞をつくるタンパク質や肌のターンオーバーを助けるビタミンやミネラルを積極的にとると効果的です。

質の高い睡眠をとる

人の体は寝ている間に日中に受けたダメージを修復し、新しい細胞をつくります。特に眠り始めの3時間に質の高い睡眠をとることで、肌細胞をつくる成長ホルモンが多く分泌されます。そのため、肌のターンオーバーを促進し、健やかな肌を育てるためには質の高い睡眠が欠かせません。

また、肌荒れを防ぐためには枕や寝具など肌に直接ふれるものを清潔に保つことも大切です。

適度な運動をする

適度な運動をする

運動することで血流がよくなり、体のすみずみまで必要な栄養分が届きやすくなるため、肌のターンオーバーの促進に役立ちます。さらにストレス解消や睡眠の質を向上させる効果もあり、適度な運動は健やかな肌を保つためにおすすめです。

気軽に運動できるおすすめアイテム

おしゃれなお部屋でも浮かない新感覚のファブリックトランポリン。
コンパクトなのにしっかりジャンプできるので、室内で手軽に有酸素運動ができます。

スキンケア・メイクの見直し

スキンケア・メイクの見直し

日頃のスキンケアやメイクが肌に負担をかけていないか、今使っているアイテムを見直してみましょう。美容液やクリームなど何種類ものアイテムを使って肌の調子が優れない場合は、過剰なケアが肌トラブルにつながっているかもしれません。一度肌を休ませるため過剰なケアをやめ、化粧水だけのシンプルなケアに切り替えてみるのもおすすめです。

クレンジングや洗顔をするときにゴシゴシこすったり、保湿をするときに強く押さえていたり、肌に刺激を与える方法でケアしていないかもあらためて確認してみましょう。

肌を休ませるためにおすすめのスキンケア

乾燥肌・敏感肌の方も安心して使える無添加化粧水。高い浸透力と保湿力を持つ還元イオン水を98%以上使用し、これ1本で保湿が完了します。

ありのままの素肌をキレイに魅せるウォーターファンデーション。肌にやさしい完全無添加にこだわり、敏感肌の方も安心して使えます。

まとめ

美肌

生活習慣やスキンケアを見直し、丁寧にケアをしていけば少しずつ肌荒れは改善していくはずです。できることから意識して、肌トラブルのない健やかな肌を目指してみてくださいね。