森の香りが自然とひとをつなぐ。「Odai」のディフューザーで暮らしを豊かに。

森の香りが自然とひとをつなぐ。「Odai」のディフューザーで暮らしを豊かに。

自然とひとが共に豊かに生きていくために。

そんな想いで生まれた三重県大台町発のプロダクトブランド「Odai(オオダイ)」。
自然豊かな大台町の樹木から抽出したエッセンシャルオイルをはじめとしたアロマ製品は、都会で暮らす人々の暮らしに、ほっと安らぎを与えてくれます。

「Odai」の商品開発を手がけるのは、大台町の森づくりを担う宮川森林組合
この記事では、宮川森林組合が中心となって取り組む大台町の森づくりと「Odai」の魅力をご紹介します。

自然とひとが共に生きる町、三重県大台町

自然とひとが共に生きる町、三重県大台町

三重県南部、紀伊半島に位置する大台町(おおだいちょう)。町の93%を森が占める自然豊かなこの土地には、原生に近い自然が残る日本三大渓谷「大杉谷」があり、日本一の清流「宮川」が流れています。

大台町の自然の大きな特徴は、500種類以上の多種多様な樹木が生育していること。このような多様性のある森は日本でも珍しい環境です。
そんなここにしかない自然をこれからも守り続けていくために、大台町では森づくりに力を入れています。

未来を見据えた森づくり

未来を見据えた森づくり

樹木は気候や土壌によって育ちやすさが異なり、その場所ごとに適した木があります。それを考慮せず画一的に植林を進めても、豊かな森は育たず、生態系の乱れや山崩れなどの自然災害を招いてしまうことも。

そこで大台町では、地域に自生している木から種子を採取し、苗木に育ててから再び森に返す「地域性苗木」による森づくりを進めています。
こうした自然にならった循環する森づくりをすることで、自然もひとも豊かに生きていくことができます。そして、50年先、100年先の未来の森を守ることにもつながるのです。

森づくりの新たなチャレンジ「Odai」

Odai products

近年、安価な輸入木材の増加、林業従事者の高齢化などの問題から、従来のスギやヒノキによる林業だけでは安定的な収益を上げることが難しくなっています。林業の衰退は森林の荒廃化や自然災害に直結する大きな問題です。

そこで、大台町の森を守り、循環させていく新たな経済サイクルを作るために誕生したのが「Odai」。

宮川森林組合が中心となり、大台町に生育する樹木を活用したアロマ製品などの商品開発に取り組んでいます。

宮川森林組合のスタッフが森に入り、手作業で枝や葉を厳選して採取。水蒸気蒸留法でじっくり時間をかけてエッセンシャルオイルを抽出します。
自然の恵みをつめこんだ「Odai」の製品は、大台町から遠く離れた都市部の人たちにも森の香りを届け、暮らしに安らぎを与えてくれます。

「Odai」リードディフューザー

「Odai」リードディフューザー

ビンと樹木の枝が付属したリードディフューザーのセット。フレグランスウォーターは大台町産の4種の樹木(クロモジ、タムシバ、ヒノキ、カナクギノキ)から抽出した芳香蒸留水に、それぞれのエッセンシャルオイルをブレンドしています。

一般的なディフューザーによくある華やかな花の香りとは異なり、樹木の香りがやさしく広がる天然成分100%のディフューザー。強い香りが苦手な方やプレゼントにも◎。
玄関先やトイレなどの臭いが気になるところに置いて、やさしい森の香りを楽しむことができます。

付属する枝は一つひとつ形が異なり、採取時期や樹木の状態によって香りが微妙に変化するところも天然素材ならでは。大台町の自然をじっくり味わえるディフューザーです。

「Odai」の製品を通して森とひとを守る

「Odai」の製品を通して森とひとを守る

「Odai」には、「大台町の自然の豊かさを感じてもらいたい」という大台町の人たちの想いが込められています。私たちが「Odai」の製品を使い、暮らしに役立てることは、大台町の豊かな森とそこで暮らす人々の営みを守ることにつながります。

森も、水も、ひとも豊かに。

あなたも「Odai」の製品を通して、大台町からのメッセージを受け取り、未来を守る森づくりに関わってみませんか?