誤嚥性肺炎を予防するには?『長息パイプ』で毎日楽しく長生きトレーニング!

日本の死因ランキングでも上位に入る肺炎。

高齢者ほど死亡率が高くなり、とても危険な疾患です。中でも高齢者は物を飲み込む力が弱いので、食べ物や唾液が気管に入り込む「誤嚥」となり、そこから「誤嚥性肺炎」を引き起こすケースも多くあります。

そこで、今回はそんな誤嚥性肺炎の効果的な予防方法をお伝えしていきます。
誤嚥性肺炎の予防に役立つトレーニンググッズもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

誤嚥性肺炎とは

食べ物や飲み物、唾液などを飲み込むことを「嚥下(えんげ)」といいます。

通常は、嚥下した物は食道を通り、胃へと送り込まれます。しかし、嚥下機能が低下した高齢者などは、本来食道に入るべきものが誤って気管に入ってしまうことがあります。これが「誤嚥(ごえん)」です。

そして、誤嚥したときに食べ物や飲み物などと一緒に細菌も肺に入り込んでしまって引き起こされる肺炎が「誤嚥性肺炎」です。

また、食べ物や飲み物の誤嚥だけではなく、眠っている間に唾液を誤嚥して誤嚥性肺炎を発症することもあるので、寝たきりの高齢者などは特に注意が必要です。

誤嚥性肺炎を予防するには

口腔内を清潔に保つ

口腔内には多くの細菌が常在しており、それらが気管や肺に入り込んで繁殖することで誤嚥性肺炎を引き起こしてしまいます。
うがいや歯磨きをしっかり行い、口腔内の細菌の繁殖を防ぐことが大切です。

栄養をしっかりとり、免疫力を向上させる

食事量が減少し栄養が十分にとれていないと、免疫力が低下して誤嚥性肺炎を発症しやすくなります。
食事量が減らないように工夫して、十分な栄養をとることはとても重要です。

顔周りや舌の筋肉を鍛える

顔周りや舌の筋肉が衰えることで飲み込む力が弱くなり、誤嚥のリスクが高くなります。
日頃から顔周りをマッサージして動かしやすくしておくことや、舌や頬の運動をして筋肉が衰えないようにすることが大切です。

腹筋や肺活量を鍛える

腹筋の衰えや肺活量の低下は、食べ物が気管に入り込んだ時に外に出す力が弱まり、誤嚥につながりやすくなります。
日頃からしっかり声を出したり、大きな声で笑ったりすることで、腹筋や肺の機能を衰えさせないために効果的な運動になります。

誤嚥性肺炎の予防に効果的なトレーニンググッズ『長息パイプ』

誤嚥性肺炎の予防には、飲み込む力と吐き出す力を鍛えることが重要であることがお分かりいただけたかと思います。

しかし、難しい体操や厳しいトレーニングはなかなか続けられないもの。そこで、簡単で効果的に誤嚥予防ができるトレーニンググッズをご紹介します。

介護予防トレーナー久野秀隆先生監修『長息パイプ』

長息(ながいき)パイプ』は、昭和のおもちゃ「吹上パイプ」をヒントに考案された新しい健康グッズです。
メディアでも活躍中の介護予防トレーナー久野秀隆先生の監修により、手軽に楽しみながら本格的に誤嚥予防トレーニングができます

『長息パイプ』の秘密

流体力学×人間工学に基づき、より効果的にトレーニングできるよう設計されています。
本体の中にチューブを入れることで、吹いた息の流れがボールに直接伝わり流量がアップ。
さらに、吹き口も息がもれないように唇に密着する形状を追究しました。

また、重さの違う3つのボールで目的に合わせたトレーニングが可能です。

  • ヘビー球(黒色の球) 誤嚥予防に!飲み込む力・吐き出す力をアップ
  • ミドル球(灰色の球) 下腹スッキリ!シェイプアップ
  • ライト球(白色の球) 心肺機能アップに

高齢の方の誤嚥予防だけでなく、吹奏楽のトレーニングやエクササイズにも◎
さまざまな方にお使いいただける楽しいトレーニンググッズです。

『長息パイプ』を使ったトレーニング方法

1.準備体操

まずは準備体操から。準備体操をしっかりすることで、それぞれのエクササイズ効果を高めることが期待できます。

①顔の表情筋をほぐす
目安:10秒×2セット
4本の指で頬骨の少し下の部分をぐりぐり回しながら表情筋をほぐしましょう。

②口の周りの口輪筋をほぐす
目安:3か所それぞれ10秒×1セット
4本の指で口の上、口の横、口の下をぐりぐり回しながら口輪筋をほぐしましょう。

③舌を突き出す
目安:10回×2セット
舌を斜め上に突き出します。なるべく遠くに舌を出すように意識しましょう。

2.各トレーニング方法

①ライト球(白色の球)トレーニング
回数目安:5回×3セット
勢いよく息を吹き上げるのではなく、ゆっくり球を吹き上げて息を出し切ったところで、ゆっくり球を下ろしカゴに入れることを意識しましょう。

②ミドル球(灰色の球)トレーニング
回数目安:5回×3セット
●ウォーミングアップ
「フッ」と勢いよく高く球を上げて、その球を手でキャッチします。これを3回行いましょう。
●トレーニング
なるべく高い位置まで球を上げてその場でキープしましょう。

③ヘビー球(黒色の球)トレーニング
回数目安:5回×3セット
息をフッフッフッと吹き、瞬時に球を浮かすように心がけましょう。球の高さは高く上げる必要はありません。低くてもいいので一瞬でも上がるように頑張りましょう。

※使用後は本体を水洗いして清潔に保ってください。

詳しいトレーニング方法は動画でもご紹介しています。

まとめ

今回は誤嚥性肺炎のメカニズムから、予防方法、おすすめのトレーニンググッズまでをご紹介しました。

誤嚥性肺炎の予防には、毎日のトレーニングの積み重ねがとても大切です
また、毎日誰かと話したり、大きな声で笑ったりするだけでも誤嚥性肺炎の予防につながります。

いつまでも健康で笑顔でいられるように、ぜひご家族やお友達と楽しみながらトレーニングを続けてみてくださいね。