免疫力を高めるために意識したい生活習慣

免疫力を高めるために意識したい生活習慣

免疫力は細菌やウイルスから体を守る防御能力のこと。人間に本来備わっている力で、免疫力が下がると病気や感染症にかかりやすくなってしまいます。

病気や感染症に負けない体を作るためには、免疫力を高めることがとても重要です。

そこで、今回は免疫力を高めるために日常生活で意識したいポイントをご紹介します。少し意識を変えるだけで、免疫力を高められることもあるのでぜひ実践してみてください。

免疫力を高める生活習慣

バランスの良い食生活を心がける

免疫力を高めるためには腸内環境を改善し、腸内の働きを活発にすることが重要です。
腸は病原菌やウイルスが侵入しやすい器官で、体内の約7割の免疫細胞が集まっています。
よって腸内環境を良好にしておくことが免疫力アップにつながるのです。

そのためにはまず、栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂取することが大切。そのうえで、以下のような免疫力を高める食品を普段の食事に取り入れるとさらに効果的です。

免疫力を高める食品

発酵食品

納豆・ヨーグルト・キムチ・味噌などの発酵食品には、善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を整えるために効果的です。
ぜひ積極的に食事に取り入れてみてください。

食物繊維

食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり善玉菌を増やします。
さらに便秘を予防・改善し、腸内環境を整える働きも。
食物繊維が多く含まれている豆類やきのこ類、野菜や果物などを積極的に摂取するのがおすすめです。

抗酸化作用を持つビタミン類

ビタミンA・C・Eなどのビタミン類には、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
また、皮膚や粘膜を強化してウイルスの侵入を防いだり、免疫細胞を活性化させたりする働きも持ち、免疫機能を高めます。
緑黄色野菜や果物、レバー、うなぎ、ナッツ類などに多く含まれます。

タンパク質

体の臓器や筋肉などを構成するタンパク質は、免疫成分である白血球を作る成分でもあります。
タンパク質が不足していると免疫細胞が十分に作られず、免疫力が低下してしまうことも。
肉や魚、大豆、卵などタンパク質を多く含む食品をバランスよく摂取することが大切です。

十分な睡眠をとる

睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、免疫細胞の働きが弱くなるため、免疫力が低下して心身の不調を引き起こしやすくなってしまいます。

睡眠には免疫細胞を活性化させるとともに、心身の疲労を回復させる効果があります。免疫力アップのために、日頃から十分な休養と睡眠を心がけましょう。

体を温める

免疫細胞である白血球は血液の中に存在しています。そのため体が冷えて血行が悪くなると、体の中に異物を発見してもすばやく駆除できず、病気やウイルスに抵抗できなくなってしまうのです。

日頃から適度な運動や入浴で体を温め、体温を下げないようにすることが大切です。

適度な運動をする

運動不足により筋肉量が低下すると、基礎体温が下がり免疫力が低下しやすくなります。免疫力を高めるためには、適度な運動をして筋肉量を保ち、基礎体温を高く保つことが大切です。

また、適度な運動はストレス解消にも役立ちます。運動不足の人は少しずつでも体を動かす習慣を作るようにしてみてください。

よく笑う

もっとも簡単に免疫力を高める方法は、よく笑うことです。笑うことで体を休ませるときに働く副交感神経が優位になり、体がリラックスしてストレス解消につながります。

ストレスが減少すると、がん細胞やウイルスなどを退治するNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化するため、免疫力アップにつながるのです。

作り笑いだけでも免疫力アップには効果があるので、気分が優れないときもできるだけ笑顔でいることを意識してみましょう。

まとめ

免疫力を高めるためには、規則正しい生活を送り、十分な栄養と睡眠をとることが大切です。

仕事や家事などで忙しくしているとつい不規則な生活を送ってしまいがちですが、できるところから日頃の生活習慣を見直してみてくださいね。