8,800円以上で送料無料

欲しい!がみつかる通販サイトのアメプラオンラインショップ

つらーい外反母趾、原因と対処法をご紹介!

女性の多くが悩んでいる「外反母趾」。成人のおよそ30%が外反母趾とも言われています。足の親指のつけ根が飛び出し、その先が小指側に曲がってしまった状態ですが、日本人が靴を履くようになってから足の代表的な疾患となり、痛みに耐えながら日々を過ごしている人も多い身近な病気です。

悪化してしまうと、手術というケースもあるので早めの対処、悪化しないようにケアすることが必要です。今日は原因と対処法についてご紹介いたします!

外反母趾とは

外反母趾とは、足の親指が小指側に変形し、「くの字」になる状態をいいます。主な原因は、サイズや幅の合わない靴です。特に、ハイヒールによって外反母趾を生じる女性が急増しています。その他、関節リウマチの合併症としても外反母趾を生じる場合があります。進行すると、普通の靴でも違和感を生じ、歩くだけで痛みがでるようになると言われています。

外反母趾になる原因

外反母趾の一番の原因は靴を履くことです。幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形してしまいます。ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

10歳代に起こるものは母指が人差し指より長かったり、生まれつき扁平足ぎみであったりする外反母趾になりやすい特徴があります。最も多い中年期のものは履物に加えて、肥満と筋力低下などによっておこります。

悪化しないための対処法

外反母趾を悪化させないためには、普段使わない足指を意識的に動かし、よりたくさん歩くことが重要です。足に痛みが出ている場合、少しつらいと思いますが足指を動かして、どんどん歩くことで足裏の筋肉が鍛えられ、関節を強化することができます。その際に重要となるのは、靴選びです。自分の足に合った外反母趾に対応している靴を履いて、足指を積極的に使い、正しい姿勢で歩くことが重要です。

▼外反母趾の方にピッタリのシューズをご紹介

フィットナチュール(Vカット・ラウンドトゥ・スクエアトゥ)

つま先からかかとまで優しく包み込む機能性インソール付きバレエシューズ。外反母趾の方にも安心して使っていただくことができる、フラットシューズ。どんな服装にもぴったり合うでデザインなので、普段使いにピッタリです。

まとめ

外反母趾は靴が主な原因なので、靴の見直しによって防ぐことができる病気です。外反母趾が気になり始めた人は自分の足を労わるように、足に優しいシューズを探すところから始めてみてくださいね!