集中力が続かない原因と手軽にできる集中力アップの方法

集中力が続かない原因と手軽にできる集中力アップの方法

仕事や勉強をしているときに集中力が続かず、思うように進められなくてイライラした経験はありませんか?やらなければいけないことがあるときに、集中力が続かないと困ってしまいますよね。

そこで、この記事では集中力が続かない原因を解説していきます。手軽にできる集中力を高める方法もあわせてご紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

集中力が続かない原因

集中力が続かないのはやる気や性格のせいだと思われがちですが、実はそうとは限りません。集中力には体調や環境なども深く関係しているのです。

以下に集中力が続かないおもな原因をご紹介します。

疲労・睡眠不足

疲れがたまっていたり、睡眠が十分にとれていなかったりすると脳の働きが鈍り、集中力が続きません。作業効率が落ちるだけでなく、心身にも大きな負担がかかります。

睡眠時間はしっかり確保し、疲れをためないようにすることが大切です。

作業環境が整っていない

机の上が散らかっている、周囲の雑音がうるさいなど、集中できない環境では作業もはかどりません。

仕事や勉強に関係のないものはできるだけ視界に入らないよう、集中できる作業環境を整えましょう。

モチベーションの低下

仕事や勉強へのモチベーションが低下していることも集中力が続かない原因の一つです。

やりたくない、内容を理解していない、めんどくさいなどモチベーションが上がらない理由はさまざまですが、まずはその理由を知り解決できるかどうかを考えてみましょう。

すぐ実践できる!集中力を高める方法

生活習慣や環境を少し変えるだけで集中力を高められることもあります。手軽に実践できる方法をご紹介します。

睡眠をしっかりとる

睡眠は心身を休ませ疲れをケアするだけでなく、ストレス解消にもつながります。集中力を高め、より良いパフォーマンスを発揮するためには十分な睡眠が欠かせません。

適度に運動をする

集中力を持続させるためには体力も必要です。運動で体を動かすことで血流が良くなり、脳の活性化にもつながります。

普段運動をしない方は、適度に体を動かして運動する習慣を作りましょう。

メリハリをつけて作業をする

人が集中して作業できる時間は長くても90分程度といわれています。集中力が続かないままダラダラ作業を続けるよりも、適度に休憩を入れながらメリハリをつけて作業する方が効率的です。

また、作業にとりかかる前に小さな目標を設定し、一つずつクリアしながら進めていく方法もおすすめです。メリハリがつけられて達成感も得られます。

作業環境を整える

机の上を片づけて作業の邪魔になるものは置かないようにしましょう。また、机やいすの高さが合っていなかったり、部屋が暗かったりするのも集中力の妨げに。

きちんと作業に集中できる環境を整えることが大切です。

脳に必要な栄養をとる

脳に必要な栄養素が不足していると集中力が続かなくなることも。日頃から脳に必要な栄養素を補う食材を意識的に摂取しましょう。

ブドウ糖

ブドウ糖は脳のエネルギー補給に欠かせない栄養素です。
ブドウ糖が多く含まれる食品:白米、バナナ、ラムネなど

ビタミンB群

ビタミンB群にはブドウ糖の吸収を助ける働きがあります。
ビタミンB群が多く含まれる食品:豚肉、玄米、赤身の魚など

まとめ

集中力を高めるためには身体の調子と作業環境を整え、しっかり準備することが大切です。集中して作業が進められれば、仕事や勉強の質も向上してよりよいパフォーマンスにつながるはず。

ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にして集中力アップを目指してくださいね。

作業中の気分転換や運動不足解消におすすめのアイテム