バスタイムでキレイに!美容効果を高める入浴のポイント

バスタイムでキレイに!美容効果を高める入浴のポイント

バスタイムは体の汚れを落とすだけでなく、一日の疲れを癒やし、美しい身体づくりのためにも欠かせない大切な時間です。

しかし、ただなんとなくお風呂に入っていても十分な美容効果を得られていないことも…。せっかくなら最大限に美容効果を活かして、バスタイムで美しさを育みたいですよね。

そこで、今回は美容効果を高める入浴のポイントをご紹介します。

お風呂で美容効果を高めるために意識すべきポイント

お風呂の温度:38~40℃

体の内側からじっくりあたためるために、38~40℃程度のぬるめのお湯でゆっくり全身浴をするのがおすすめです。
熱すぎるお風呂はのぼせてしまいリラックス効果が得にくいだけでなく、肌の乾燥にもつながります。

熱いお風呂に入るのが好きな方もいらっしゃるかもしれませんが、美容効果を高めるためにはできるだけ避けましょう。

入浴時間:15~20分

入浴時間は15~20分程度がおすすめです。それ以上長いと汗をかきすぎてしまい、肌の水分が奪われるのであまりおすすめできません。

長風呂が好きな方は肌が乾燥しないよう、保湿を念入りにしましょう。

お好みの入浴剤を入れる

さら湯のまま入浴すると、水道水に含まれている塩素が肌への刺激になることがあります。入浴剤には塩素を除去する成分が入っており、肌あたりをやわらかくしてくれます。

さらに保湿成分や温浴効果を高める成分が含まれているものも多く、美容効果を高めるために効果的。好きな香りを選べばリラックス効果もアップします。ぜひ活用してみてください。

入浴前後に水分補給をする

入浴後に失われた水分を補うのはもちろん、入浴前にも水分補給をしましょう
入浴前にコップ一杯程度の水を飲むことで汗をかきやすくなり、肌の代謝がアップします。

お風呂でできる美容法

フェイスパック

スチーム効果で保湿成分が浸透しやすい入浴中は、フェイスパックがおすすめです。
シートマスクタイプや洗い流すタイプなど、さまざまな種類があるのでお好みに合わせて選びましょう。

マッサージ

入浴中は全身の血行がよくなっているのでマッサージにも最適です。
マッサージクリームやボディオイルなどで肌のすべりをよくしてから、顔や体をやさしくマッサージしてください。
滞っていた血流やリンパの流れがよくなり、むくみやコリの解消につながります。

ヘアパック

髪の傷みや乾燥が気になる場合はヘアパックがおすすめです。
シャンプー後にトリートメントをなじませ、蒸しタオルをして10~15分放置します。
お風呂のスチーム効果でトリートメント成分が髪に浸透しやすく、うるおいとツヤのある美しい髪を目指せます。

まとめ

寒い冬はお風呂が恋しくなる季節。お風呂で身体をしっかり温めてリラックスしながら、美しさを育んでみませんか?