マスク生活で口臭が気になる方へ!口臭の原因と予防・対策方法

マスク生活で口臭が気になる方へ!口臭の原因と予防・対策方法

新しい生活様式でマスクが手放せなくなり、肌荒れや頭痛など今まではなかったさまざまなトラブルに悩む方が増えています。
その中でも今回注目したいのは口臭のお悩み。
マスクをしていると今まで気づいていなかった口臭を感じやすくなり、ケアをするようになった方も多いようです。

そこで今回は口臭の原因と予防・対策方法をご紹介します。

口臭の原因

口臭は口の中で細菌が増殖し、臭いの原因物質であるガスが発生することで起こります。以下におもな原因をご紹介します。

生理的口臭

唾液の分泌が減少すると細菌が増殖するので、起床直後や空腹時、緊張時などに口臭は特に気になります。
これらは生理的口臭といわれ誰にでもあるものです。
歯磨きや水分補給をすればおさまります。

舌苔(ぜったい)

食べ物や細菌のカスが舌の上に付着し、白っぽい汚れとなっているのが舌苔です。
舌苔は誰にでも多少は付着していますが、口の中が乾いていたり、体調が悪かったりすると厚くなり、強い口臭の原因となります。

虫歯・歯周病など口腔内のトラブル

歯をしっかり磨けていないと歯と歯ぐきの溝に歯垢がたまり、虫歯や歯周病を引き起こします。
虫歯や歯周病があると、さらに食べ物のカスなどがたまりやすくなり、口臭を悪化させてしまいます。

臭いの強い食事・アルコール・タバコ

ニンニクやニラなどの臭いの強い食事やアルコール、タバコを摂取した後は口臭が強くなります。
また、これらは体内に吸収された後も血液中を臭いの成分が通って体臭の原因にもなるため、大量に摂取するのは避けましょう。

病的口臭

ほとんどの場合、口臭は一時的なもので口内環境を清潔にすれば改善されるものです。
しかし、呼吸器系や消化器系の病気、糖尿病などが原因で口臭が発生していることもあります。

口内環境を改善しても口臭がなくならない場合は病気が原因のこともあるので、医師に相談することをおすすめします。

口臭を予防&対策するには

口腔内を清潔に保つ

口臭を予防するためにもっとも効果的なのは、口の中を清潔に保ち、細菌の増殖を抑えることです。

寝起きや食後は必ず歯を磨き、舌苔が多く付着している場合は舌磨きも行いましょう。舌磨きは歯ブラシを使うと舌を傷つけることもあるので、専用のブラシを使うことをおすすめします。

こまめに水分補給をする

唾液の分泌が減少すると口臭につながるため、こまめに水分補給をして口の中の乾燥を防ぎましょう。ガムを噛んで唾液の分泌を促すのもおすすめです。

生活習慣を見直す

偏った食事やアルコール、タバコなど口臭の原因となる嗜好品はできるだけ控えましょう。

また、ストレスの多い不規則な生活も生理的口臭の原因となります。睡眠を十分にとり、規則正しい生活を送ることも口臭を改善するために重要です

おすすめの口臭対策アイテム

シークレットブレス

シークレットブレス

消臭、抗菌、リラックスなどの効果で注目される「フィトンチッド」を独自の技術でキャンディーにした口臭ケアキャンディー。
どこでも手軽にすばやく口臭ケアができ、効果が持続します。
塩分ゼロ、ノンシュガーで健康に気づかう方にもおすすめです。

 

炭酸タブレット ブレスカッシュ

口に入れると口臭ケア成分が発泡し、嫌な臭いを浄化する炭酸タブレットです。
胃の中から臭いのもとにアプローチするので、キレイな息が続きます。
1日1粒でしっかり効果を発揮します。

 

 

まとめ

ほとんどの口臭は適切なケアをすればほとんど気にならなくなります。
マスク生活で口臭が気になる方は、今回ご紹介したポイントを参考にして、口の中を清潔に保てるよう意識してみてください。