秋の夜長を楽しむ。有意義に過ごすためのおすすめの過ごし方

秋の夜長を楽しむ。有意義に過ごすためのおすすめの過ごし方

次第に秋が深まり、過ごしやすい日が続いていますね。

秋は日照時間が短くなり、夜が長く感じられる季節です。「秋の夜長」とも言われる秋の夜には趣味を楽しんだり、自分を労わる時間にしたり、いつもとは少し違う過ごし方をしてみるのもいいかもしれません。

そこで今回は、秋の夜長を有意義に過ごすおすすめの過ごし方をご紹介します。

「秋の夜長」とは

秋が深まるにつれ日照時間が短くなり、夜が長く感じられることを「秋の夜長」といいます。

正確に期間の定めはありませんが、一般的には昼と夜の時間が同じになる秋分の日(9月23日頃)から冬の始まりとされる立冬(11月7日頃)までの期間を指すことが多いようです。

秋の夜長を楽しむための過ごし方

食事をゆっくり楽しむ

「食欲の秋」という言葉があるように、秋は旬を迎える食材が豊富で、食べ物がよりいっそうおいしく感じられる季節です。
秋の夜長を利用していつもより凝った料理に挑戦したり、ゆっくり食事の時間を楽しんだりするのも良いですね。

バスタイムでリラックス

バスタイムでリラックス

朝晩は冷える日も多くなる秋。夜はゆっくりお湯に浸かって体をあたためましょう。
入浴にはストレスや疲れを癒やし、自律神経を整える効果もあります。

読書や映画鑑賞をする

「芸術の秋」といわれるように、秋の夜長はゆっくり読書や映画鑑賞を楽しむのにぴったりです。
週末や休日を利用して、物語の世界に没頭してみてはいかがでしょうか。

美容に時間をかける

夏に浴びた紫外線や乾燥などのダメージが蓄積し、秋の肌は肌荒れや不調を起こしやすくなっています。
いつもより丁寧にスキンケアをして、自分を労わる時間にするのもおすすめです。

▼おすすめの美容アイテム

 

 

ストレッチやヨガで体をほぐす

ストレッチやヨガなどの軽い運動で体をほぐすのもおすすめ。
リラックスした状態で、こり固まった体をゆっくりほぐしていきましょう。
寝る前に行うことで睡眠の質向上にもつながります。

▼体をほぐすおすすめのアイテム

 

 

自分だけの秋の夜長を楽しもう

秋の夜長のおすすめの過ごし方をご紹介しました。
特別なことをしなくても、いつもより少しだけゆっくり過ごしてみたり、後回しにしていたことを楽しんだりするだけでも、有意義に過ごすことができるはず。
ぜひ自分らしい秋の夜長の過ごし方を見つけてみてくださいね。