不調を改善!自律神経を整えるために意識すべき生活習慣のポイント5つ

不調を改善!自律神経を整えるために意識すべき生活習慣のポイント5つ

季節の変わり目に「なんとなくだるい」「疲れがとれない」といった身体の不調を感じたことはありませんか?それは自律神経の乱れが原因かもしれません。

自律神経は不規則な生活やストレス、環境の変化などによってバランスを崩しやすく、自律神経のバランスが乱れると、身体にさまざまな不調が現われます。

そこで今回はそんな自律神経と身体の不調の関係と、自律神経の整え方をお伝えします。

自律神経とは?

自律神経は全身の器官をコントロールしている生命維持に欠かせない神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、昼間や活動的に過ごしている間は交感神経が優位になり、寝ている間やリラックスしているときには副交感神経が優位になります。
この交感神経と副交感神経がお互いに適切なバランスを保つことで、体の調整を行っているのです。

自律神経が乱れるとどうなる?

不規則な生活やストレス、環境の変化などによって交感神経が優位な状態が続き、副交感神経への切り替えがうまくできなくなると、自律神経のバランスが乱れてしまいます

すると不安や緊張状態が続き、吐き気や多汗、倦怠感、頭痛、肩こり、めまい、不眠などさまざまな身体の不調が現われます。
悪化すると自律神経失調症や神経性胃炎などの病気につながることもあるので、不調が続く場合は早めに医療機関の受診をおすすめします。

自律神経を整えるためには?

自律神経のバランスを整えるために普段から意識すべきポイントをご紹介します。

リラックスできる時間を作る

できるだけストレスをためこまず、意識的にリラックスできる時間を作りましょう。好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、肩の力を抜いて自分なりにリラックスできる方法を見つけてみてください。

規則正しい生活を送る

不規則な生活は自律神経の乱れにつながります。できるだけ毎日同じ時間に起きて、3食しっかり食べ、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

適度な運動をする

適度な運動にはストレス解消効果があり、自律神経を整えるためにも効果的です。激しい運動は交感神経を活発になりすぎてしまい、かえって自律神経を乱すこともあるので、ウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽い運動から取り入れてみてください。

 

ゆっくり湯船に浸かる

自律神経を整えるためには、できるだけシャワーで済まさず湯船に浸かるようにしましょう。38~40℃のぬるめのお湯に15分程度ゆっくり浸かることで副交感神経が優位になり、心身がリラックスします。さらに質の高い睡眠にもつながります。

質の高い睡眠をとる

副交感神経が優位になる睡眠は自律神経を整えるためにとても重要です。寝る前に熱いお風呂に入ったり、スマートフォンなどの明るい光を見たりすることは交感神経が優位になり寝つきが悪くなることも。

できるだけ寝る前からリラックスした状態を作り、質の高い睡眠につなげましょう。

まとめ

自律神経はさまざまな要因でバランスが乱れ、身体に不調を引き起こしてしまいます。
不規則な生活や睡眠不足が続いている人はできるところから改善して、自律神経を整えていきましょう。