8,800円以上で送料無料

欲しい!がみつかる通販サイトのアメプラオンラインショップ

なんだかだるい…それ五月病じゃないですか?

なんだかだるい・・気分が落ち込む・・食欲がない・・

4月からの新しい環境に心がついていかず、ストレスが溜まり、心身に不調があらわれる「五月病」。言葉ではよく耳にしますが、この「五月病」。放っておくと、「うつ病」になる可能性があります。

「4人に1人」がかかったことがあるという「五月病」。実は未然に防ぐことが可能です。

上手にストレスケアをして、毎日を楽しく過ごす方法をご紹介します♪

五月病ってどんな病気?

「五月病」とは、医学的な病名ではありません。5月の連休後に憂鬱なんとなく体調が悪い会社に行きたくない眠れないなどの軽いうつ的な気分に見舞われる症状のことをいいます。

以前は若い新入社員や新社会人に多く見られていましたが、現在は転勤や転職、部署異動など新しい環境に変わる中高年の人にも増加しているといわれています。

原因はストレスや疲労が主だといわれており、症状としては、疲れやすい/頭痛がする/眠れない/仕事や家事などが以前のようにテキパキこなせないなどの身体的なものから、やる気がおきない/気分が落ち込む/何も興味がわかない/不安や焦りがひどくなるなど、精神的なものまでさまざまです。

これらの症状が長引くとうつ病にまで進行することがあるため、心当たりがあるときは早めに心療内科や精神科を受診することが大切です。

五月病になりやすい人ってどんな人?

完璧主義の人

完璧主義の人は、物事を完璧にできなければそれはすべて失敗であると考える傾向にあります。少しのミスも許さないため、自分自身を追い詰めてしまいです。また、まじめな人も同様にであり何事にも真剣に取り組み自分の責任を強く感じてしまいます。そのため、ストレスを抱えやすいのです。

目指すものがなく漫然と仕事をしている人

目指すものがなく漫然と仕事をしている人は、仕事の意義ややりがいを見出だせずにやる気を失ってしまう可能性があります。新年度が始まった直後は忙しくて目の前のことをこなすのに手一杯だったものが、5月に入って少し落ち着くと目標に向かって頑張れない自分に直面して、必要以上に自分にがっかりしてしまうことがあります。

反対にこうなりたいという強い願望があれば、多少うまくいかない場合でも前向きな気持ちで仕事に取り組めるはずなので、まずはなりたい自分や目指すべきものを探すことをお勧めします!

未経験に対する抵抗感が強い人

未経験に対する抵抗感の強い人は、部署異動や職場環境の変化などで関わる人が急激に増える5月になって、適応障害に至ることがあります。職場で素の自分を出せずに常に周囲に気を遣いながら仕事をしている人などは要注意です!

五月病を未然に防ぐ方法4選!

栄養バランスのとれた食事を意識する

不規則な食生活や偏った食事内容は、脳内の栄養不足の原因となります。とくに感情をコントロールすると言われる神経伝達物質「セロトニン」が不足しやすく、イライラしたり疲労がとれなかったりする状態に繋がるため注意が必要です。


赤身肉や卵、魚などのタンパク質(セロトニンの生成に必要な成分)が多く含まれる食品を取り入れ、バランスのとれた食事をとれるように意識しましょう。

質の良い睡眠をとる

睡眠は疲労回復に欠かせない重要な役割を担っています。睡眠不足の状態が続くと心身の不調を起こしやすくなるため、早寝早起きを心がけることをお勧めいたします。
起床時間・就寝時間を一定にしたり、寝る前のテレビ・スマホ操作を控えたりするなど、睡眠の質を高めるための生活習慣を身につけることも大切です。

ゆっくり入浴をこころがける

体を動かしたり、趣味を楽しんだりなど、リラックスの方法は人それぞれですが、多くの人がリラックスの手段としてあげるのが、「入浴」です。とはいえ一口に「入浴」といっても、実はお湯の温度によってリラックス効果は変わってきます。

バスソルトやアロマオイルをいつもの入浴に加えるのもリラックス効果があってお勧めです!

お休みの日の過ごし方に気を付ける

休日には何もしない、何も考えない、のんびりした時間も必要です。プライベートも忙しくし過ぎないように気をつけましょう。音楽を聴いたり、散歩をしたり、自分なりのリラックス法で休日を過ごすと平日の心の持ちようも変わってきますよ♪

まとめ

新しい環境に適応できないことにより起こる五月病は、誰でも発症しうる病気です。人によっては放置していると症状が悪化し、しばらく職場に復帰できない場合もあると言われています。
五月病にならないためにも、日ごろのストレスケアがとても重要になってきます。

自分のなかで限界を感じたらそのまま働き続けるのではなく、無理をしすぎずメリハリを付けて働けるようにしましょう。

勿論、「おかしいな」と感じることがあれば、必ず病院に行ってくださいね!